「ビッグデータ活用による”大いなる多摩”創生」プロジェクト

「ビッグデータ活用による"大いなる多摩”創生」プロジェクトの概要

本プロジェクトでは、買い物弱者対策と健康増進という2つの地域課題に、消費行動パターンという切り口で貢献したいと考えています。具体的には、ID-POSデータを利用して、多摩ニュータウンの居住者の消費行動パターンとその決定要因を明らかにすることで、今後、消費行動パターンがどのように変化していくのかを予測できるようにします。それにより、消費者のニーズにマッチした買い物弱者対策や健康増進策が計画できるようにすることが、本プロジェクトのゴールです。

「ビッグデータ活用による"大いなる多摩”創生」プロジェクトの記事一覧

ページトップへ